ドレスでパーティーを楽しむ【ドレス選びの達人】

どっちがお得か

派手なメイクの女性

ウェディングドレスなどの高価なドレスはレンタルするのが一般的になりつつありますが、結婚式に出席する側のドレスや一般的なパーティーに出席する時に着用するドレス等はレンタルするという方と購入するという方で別れるでしょう。一昔前のレンタルサービスが普及していなかった時代では購入するというのが当たり前で、大人になれば一着、二着はフォーマルな場所で正装することが出来るよう揃えていました。しかし時代が進むに連れレンタルが普及し、近年ではWEBショップでレンタルをして返却もできてしまいます。購入とレンタルは夫々で良い特長を持っており、条件によって選び方が変わってきます。

ドレスを購入すると当たり前ですが所有権は自分になります。そのため何時でも何処でも着ることができ、非常に利便性が高いといえるでしょう。一着でも持っていれば急な出席依頼でも取り敢えず用意することが出来ます。利便性が高い一方で考えなければならないのが金額です。ドレスの金額はピンきりですが、良いデザインになれば数万円から数十万円することもあります。またドレスは流行性が高く、数年単位でトレンドが変わる特徴があります。そのため今最新のドレスでも数年経つと古いデザインになる可能性もあります。一方レンタルではその名の通り所有権はレンタル店舗であり、一定期間借りることが出来ます。期間によって金額は異なりますが、基本的に購入すると高いドレスでも比較的安く、中では数千円でレンタルすることが出来る場合もあります。購入する場合に比べて初期コストは低い一方で、予めレンタル予約する必要があり、急な出席依頼に対応できるか微妙な状況も発生します。利便性は低くなりますが、毎回別のドレスを選ぶことが出来るため常に流行を追ったデザインでドレスを着用できる魅力があります。どちらがお得か決めるのは期間を定める必要があり、ランニングコストで考えればレンタル回数が異常に多ければ購入するほうがお得になり、また年に1回程度であればレンタルするほうがお得になります。